2018/08/27 10:47

 

 

 

国内のスーパー、百貨店で目につく安ワインはチリ産が多い。。

安さ故、 品質に疑問を感じる人も多いのではないでしょうか。

もちろん味わいに差はあるものの、流通量、安さには生産コストだけではない理由があります!

 

それは2007年に締結された経済協定「日チリEPA」 によるもので、

二国間の経済活動の自由化を推進するものです。

年々関税は引き下げられ、現在は協定発効年の5倍以上の輸入量になっています。

2015年には輸入量はフランスを抜くほどにまで成長しています!!

 

そして2019年4月には関税が完全に撤廃されます。

EUとのEPAを控え、競争が激化されるとは思いますが、

安く高品質なチリワインを飲める機会が更に増えてくるでしょう。

 

そんなチリワイン、VIN CASEでもお取り扱いいたしております!

 

 

◆ウンドラーガ スパークリング ブリュット ロゼ

チリ屈指のワイナリーが手掛けるピノ・ノワール100%のロゼスパークリング

 

ウンドラーガは、1885年フランシスコ・ウンドラーガ氏により、

マイポ・ヴァレーの中心地に設立された、チリ最古のワイナリーの一つです!

チリでも古くからプレミアムワインを生産している為、1960年代にはベルギー国王夫妻や、

イスラエルの首相、そして、人類初の月面着陸に成功した、アメリカのアームストロング船長も

ウンドラーガのワイナリーに訪れています。

このような歴史があるのはチリを代表する名門ワイナリーである証です。

南北に広がる多種多様なテロワールとぶどう品種の個性を最大限にワインに反映させ、

チリのプレミアムワインの可能性を示したパイオニアとして、今日では世界約70 ヶ国以上で親しまれています。

 

この機会に、是非お試しください!

◆ウンドラーガ スパークリング ブリュット ロゼ

生産国:チリ

生産者:ウンドラーガ

産地:セントラル・ヴァレー

品種:ピノ・ノワール100%

容量:750ml