2018/12/26 11:19

ワインといえばフランスのイメージが強いと思いますが、カルフォルニアワインも負けてはいません。

いやむしろ物によっては勝ってると言えるでしょう。


1976年当時、まだカルフォルニアのワインは世界的に評価されていませんでした。

そんな中フランス、パリでワインのテイスティング大会が行われました。

その大会は中身が何かを知らせず純粋に美味しいワインを決めるという内容です。

多くの人はフランスの何処が優勝するのだろうと予想していたと思います。

しかし多くの人の予想を裏切り白ワイン部門、赤ワイン部門共にカルフォルニアワインが圧倒的票数で優勝したのです。

このことでカルフォルニアワインの評価は世界的に上がる事になります。

この事を「パリテイスティング事件」と呼び、ボトルドリームという映画にもなっています。

とてもいい映画なのでオススメです。


今回はそんなカルフォルニアのワインをご紹介します。




「フランシス・コッポラ ソフィア ブリュット ロゼ モントレー・カウンティ」


あの「ゴットファーザー」で有名なコッポラー監督が娘のソフィアの為に作ったロゼスパークリングワインです。

味わいは爽やかな酸味を持ち、フレッシュ感溢れるフルーツや花、スパイスの香りを感じます。

泡立ちも軽やかで、どの食事に合わせてもOKです!




写真の「カモとフォアグラのパテアンクルート」にも勿論合いますが、これからお正月のおせちなどとも非常に合うワインです!

話題性のある、華やかなロゼスパークリングワインで、テーブルを彩ってみてはいかがでしょうか?